トップページへ
自動車整備お役立ち情報のイラストです

ハイブリッド車モーターの低抵抗測定

測定の目的

ハイブリッド車および電気自動車において、故障コードP0A78(モーターインバータ機能異常)を検出した際の点検工程に、駆動モーターおよびジェネレーターの低抵抗測定を行う項目が含まれます。
モーターの温度が高温であると抵抗値は大きく変わるため、車両停止後、最低8時間放置した後に測定を行います。(プリウスの場合)

※詳細は各車両の整備マニュアルをご確認ください。

■使用するテスター

一般的なサーキットテスターによる抵抗測定では、配線抵抗や接触抵抗によって誤差が生じてしまうため、低い抵抗値を測定可能な4端子式の専用機が必要です。
この記事では、カイセの低抵抗計を使用しています。

ハンディーミリオームテスター(型式:SK-3800)

測定方法(例:プリウス20系のモーター)

  • ❶サービスプラグを外してHVバッテリーと高電圧回路を遮断します。
    ※サービスプラグを取り外した後にREADY ONにすると不具合が発生する可能性があるため、絶対にREADY ONにはしないでください。
    サービスクリップを外している写真です
  • ❷インバーターカバーを取り外します。
  • ❸インバーターからモーターの三相交流ケーブルを取り外します。
    三相交流ケーブルの写真です
  • ❹ミリオームテスターの測定レンジを400mΩに合わせます。
  • ❺ミリオームテスターのゼロ調整を行います。プローブの先端をショートした状態で測定をオンにして“0Ω調整キー”を押します。
    ゼロ調整の写真です
  • ❻モーターケーブルの端子に測定プローブをクリップして、U-V間、V-W間、W-U間の低抵抗測定を行います。
    モーターケーブルの端子に測定プローブをクリップしている写真です
  • ❼テスターに測定値が表示されます。
    測定値を表示している写真です
  • ❽温度による測定値の変化を補正するために、測定値を下記の式に当てはめて、20℃の時の低抵抗値を計算します。
    R20=Rt÷(1+0.00393×(T-20))
    ●R20:20℃の時の低抵抗値(mΩ)
    ●Rt:測定値(mΩ)
    ●T:測定時の温度(℃)
  • ❾20℃の時の低抵抗値(U-V間、V-W間、W-U間)がそれぞれ、135mΩ以下であれば基準値です。
  • ❿さらに、U-V間、V-W間、W-U間の低抵抗値の差を計算して、2mΩ以下であれば基準値です。

■測定結果

  • 135mΩ以下&各端子の差が2mΩ以下:基準値です

    ※詳細は各車両の整備マニュアルをご確認ください。

ページトップへ戻る