トップページへ
自動車整備お役立ち情報のイラストです

マツダ SKYACTIVE i-stop警告灯点滅後、
バッテリー交換をした際に必要な初期設定の手順

  • ■対象整備:マツダ SKYACTIVE(i-stop 制御)車両のバッテリー交換(i-stop 警告灯点滅後の交換)をした際、バッテリー状態初期設定を行う
  • ■対象車両:マツダ SKYACTIVE(i-stop 制御)車
  • ■現象:i-stop および i-ELOOP が不能となる(エンジン始動不能、エンストの可能性あり)
  • ■車両状態:i-stop 警告灯点滅、マスター警告灯点灯
  • ■原因:マツダ SKYACTIVE(i-stop 制御)車は、バッテリー充放電積算量(バッテリー作動回数)の規定値を超えると故障コードが記憶され、i-stop 警告灯(橙)が点滅する
  • ■対処方法
    • ❶イグニッション ON(エンジン停止)にする。
    • ❷ギアをニュートラルにする。
    • ❸ブレーキを踏んだ状態で、以下の作業を行う。
      • ①5秒間以上アクセルペダルを踏み込む。
      • ➁充電警告灯とマスター警告灯が点滅することを確認する。
      • ③アクセルペダルの踏み込み/戻すを 3 回繰り返す。
      • ④充電警告灯が点灯、マスター警告灯が消灯することを確認する。
    • ❹バッテリー状態初期設定(i-stop 設定)を行う。(次項 参照)
      • ※液晶ディスプレイ付きの車両は、最初に全ドアを閉めた状態で実施する。
      • ※液晶ディスプレイ付きの車両は、イグニッション ON 後に液晶ディスプレイに警告メッセージなどが表示されている場合、INFO スイッチの操作で画面消去後、次のステップに進む。

バッテリー状態初期設定(i-stop 設定)

  • 1. ECU・バッテリーの事前確認
    • ❶バッテリー(-)ケーブル切離し前に、スキャンツールで測定した数値(BATT_SOC)を確認する。
      • ①BATT_SOC=75% 以上 → 次のステップへ
      • ➁BATT_SOC=75% 未満 → バッテリー点検
      • ※BATT_SOC とはバッテリー充電量のことであり、スキャンツールのデータモニタ表示項目のこと。
    • ❷バッテリー(-)ケーブルを外した状態で、5 分間以上経過していることを確認する。
      • ※バッテリー電圧が安定しておらず、エンジン ECU が BATT_SOC を正しく判定できなくなる場合は、0% と表示される場合がある。
    • ❸電流センサーのコネクターを外す。
  • 2. バッテリーの確認
    • ❶バッテリー(-)ケーブルを接続し、10秒以上待つ。
    • ❷電流センサーのコネクターを接続する。
    • ❸イグニッション ON(エンジン停止)にし、15秒以上(1分以内)待つ。
    • ❹i-stop OFF スイッチを押し続け、i-stop 表示灯(緑)または i-stop 警告灯(橙)が点滅状態になるのを確認する。(約10秒間)
      • ①i-stop 表示灯(緑)点滅 → 次のステップへ
      • ➁i-stop 警告灯(橙)点滅 → バッテリー点検
      • ③i-stop 警告灯(橙)点灯 → 手順誤りのため最初からやり直す
    • ❺イグニッション OFF にする。
  • 3. ISC 学習
    • ❶ボンネットを閉じる。
    • ❷エンジン始動する。
    • ❸エンジンを完全暖機する。(電気負荷無し)
  • 4. ステアリング舵角センサー初期設定
    • ❶ステアリング・ホイールをロック トゥ ロックする。
    • ❷イグニッション OFF にする。
  • 5. ISC 学習正否確認
    • ❶以下の手順を 25 秒間以内に実施する。
      • ①イグニッションON(エンジン停止)にし、5 秒以内に i-stop OFFスイッチを3秒間以上長押しする。
      • ➁エンジンを始動する。→ i-stop 警告灯(橙)点灯
      • ※エンジン始動直後に、i-stop 表示灯(緑)が点滅する場合があるが、数回点滅後に i-stop 警告灯(橙)の点灯に切替わる。
      • ③i-stop OFF スイッチを1回長押しする。
      • ④i-stop 警告灯(橙)の点灯から、i-stop 表示灯(緑)の点滅に切替わることを確認する。
      • ※橙点灯が続く場合は、手順誤りのため最初からやり直す。
    • ❷i-stop 表示灯(緑)が消灯するまでアイドル状態(電気負荷無し)で待つ。
    • ❸i-stop 表示灯(緑)が消灯後、イグニッション OFF にする。
  • 6. i-stop 作動確認
    • ❶エンジンを始動し、i-stop 表示灯(緑)が消灯していることを確認する。
    • ❷以下の手順で、i-stop 制御の作動確認を行う。
      • ①車速 4 km/h 以上で走行し、i-stop 表示灯(緑)が点灯することを確認する。
      • ➁車両を停止させ、i-stop 制御によるエンジン停止、および再始動が行われるか確認する。
    • ❸イグニッション OFF にする。