トップページへ
自動車整備お役立ち情報のイラストです

バッテリー電圧の測定方法

測定の目的

鉛バッテリー内部は6つのセルに分かれており、1セル約2.1Vの鉛電池が6つ直列に繋がれているため、満充電で約12.6Vが得られるようになっています。バッテリーが弱っていると12.5V以下に低下する場合があるので、定期的な点検でバッテリートラブルを予防することができます。
問題は、劣化したバッテリーでもエンジン停止状態で12.6V程度の電圧が出てしまうケースが多々あることです。正確な劣化診断はバッテリーチェッカーをご使用ください。

■エンジン始動後の測定でオルタネーターの発電状態もチェック

エンジン停止時に約12.6Vであったバッテリーが、エンジン始動後に電圧がどれくらい上昇するかで、オルタネーターの発電状態をチェックできます。
エンジン始動後でも電圧の上昇があまり無ければ、オルタネーターの発電量は不足ぎみであり、オルタネーターやベルト類の不良が考えられます。
(充電制御車ではオルタネーターが発電していない場合があるので注意が必要です)
逆に電圧の上昇が大きすぎれば、オルタネーター内で電圧を一定に制御しているレギュレーターの不良が考えられます。例えばバッテリーケースが膨張するトラブルが発生した場合、レギュレーター不良による過電圧の可能性があるので、エンジン回転時のバッテリー電圧を測定することでチェックできます。

■使用するテスター

直流12V強が測れるテスターであれば、サーキットテスターや電圧測定のできるクランプメーターで測定できます。
デジタルサーキットテスター(型式:KU-2600)
クランプメーター(型式:SK-7661)
この記事では、カイセのデジタルサーキットテスター KU-2600を使用しています。

■バッテリーの劣化を正確に測定するには

CCAテスターでバッテリーのCCA値を測定することで、正しい劣化状態を確認できます。
バッテリーチェッカー(型式:SK-8535)
バッテリーチェッカー(型式:SK-8550)

測定方法

  • ❶イグニッションOFFであることを確認します。
  • ❷サーキットテスターの電源を入れてスイッチを直流Vに合わせ、テストリードの赤プラグをV端子に、黒プラグをCOM端子に差し込みます。
  • ❸バッテリーの+端子に赤テストリードを、-端子に黒テストリードを接触させます。
  • ❹サーキットテスターにバッテリー電圧の測定値が表示されます。
    バッテリー電圧の測定写真です
  • ❺エンジンを始動して測定値の変化を確認します。

■測定結果
エンジン停止時

  • 13V程度:走行直後で高めの値が出ています

    ※この場合はエンジン停止状態でヘッドライトを10~30秒点灯後オフにして、電圧を安定させてから測定してください。

  • 12.6V程度:正常値です

    ※正確な劣化の判断はバッテリーチェッカーをご使用ください。

  • 12.5V以下:低めの値です

    ※バッテリーが弱っている可能性があります。(アイドリングストップ車、充電制御車では、12.4V以下に電圧を制御している場合があるので注意が必要です)

エンジン回転時

  • 16V以上:過電圧です

    ※レギュレーター故障の可能性があります。この状態ではバッテリーや電装品が故障する恐れがあります。

  • 13.5V~14.7V:正常値です

    ※オルタネーターは正常に機能しています。

  • 13V未満:発電量が不足しています

    ※オルタネーターの故障や回転ベルトに不具合の可能性があります。

ページトップへ戻る