SK-8412バージョンアップ情報

バージョンアップの手順

  • ステップ1

    ステップ1画像
    SK-8412本体とパソコンを付属のUSBケーブルで接続します。
  • ステップ2

    ステップ2画像
    PC接続モードになり、パソコンに認識されます。「フォルダーを開いてファイルを表示」を押します。
  • ステップ3

    ステップ3画像
    「sk-8412.exe」(アプリケーション)を起動して[アップデートチェック]ボタンを押します。
  • ステップ4

    ステップ4画像
    アップデートが始まり、ソフトが本体に書き込まれます。
  • ステップ5

    ステップ5画像
    「アップデート完了」が表示されましたら[OK]を押してアプリケーションを終了し、パソコンから本体を取外してご使用ください。
SK-8412バージョンアップ履歴
更新日 バージョンアップの内容
2019.9.27 ■G-OBDⅡアップデート(ver 4.47)
1)不具合修正
・スパーク点火時の性能追跡データでデータ表示の不具合を修正
■トヨタアップデート(ver 7.52)
1)作業サポートの追加
・「タイヤ空気圧」作業サポートの"ID登録/タイヤ本数登録"を最新仕様に更新し、"ID登録/車輪位置書き込み"を追加
・「エンジン」作業サポートに"DPF堆積量初期化"を追加
■日産アップデート(ver 6.49)
1)不具合修正
・セレナ(C25)で発生した、作業サポート「エンジンブレーキ調整」が正しく表示されない不具合を修正
2)リーフ(ZE0/2010.11~)に「EVバッテリ」「テレマティックス」「モータコントロール」「シフト」「充電器」「VSP」を追加
3)ノート(E12)、リーフ(ZE1)でBCMのカスタマイズを追加
■ダイハツアップデート(ver 5.21)
1)診断車両の追加
・新型タント(2019年7月~)を追加(ステレオカメラ光軸調整も対応)
■三菱アップデート(ver 6.04)
1)診断車両(2019年車両)の追加
PAJERO (v8#, v9#)、DELICA D:5、OUTLANDER (GF#)、OUTLANDER-PHEV、EK-WAGON(B11W)/DAYZ、EK-SPACE/DAYZ ROOX、RVR、ECLIPSE CROSS
2)自己診断、フリーズフレームデータを追加
・対象システム:BMU(SUB)、DCU、フロントカメラ
3)作業サポートの追加
・エンジン:SCRシステム修理完了を追加
・フロントカメラ:カメラエーミングを追加
■BMWアップデート(ver 4.80)
1)2019/05のデータベースにアップデート
2)自動検索車種の追加
・3シリーズ:G20/G21
・8シリーズ:G14/G15/G16/F91/F92
・Xシリーズ:X3M_F97/X4M_F98, X5_G05/X7_G07
・Zシリーズ: Z4_G29
3)新しいEPB整備モードを追加(G05/G20/G29)
4)G系のDME車両(ガソリンエンジン)で、スターター交換が表示されないバグを修正
5)KAFAS のエーミングを追加
2019.9.2 ■日産アップデート(ver 6.48)
1)スカイライン[V37]の作業サポートを追加
【エンジン】学習値リセット、カムシャフト基準値、スロットルバルブ停止位置学習、カム角位置学習、インジェクタ補正値登録、フューエルポンプ学習、VIN登録、スタータ作動回数クリア、高圧フューエルポンプ始動カウンタクリア、センサロータ学習、書き込み工程状況、CPU交換時データ保存、CPU交換時データ書き込み
【EMCM(エネルギーマネージメントコントロールモジュール)】スタータ作動回数クリア、CPU交換時データ保存、CPU交換時データ書き込み、バッテリ放電積算クリア、サブバッテリ放電電流積算値クリア、シャシダイナモメータモード
2019.7.19 ■トヨタ/レクサスアップデート(ver 7.50)
1)診断車両の追加
【レクサス】
LC500h[GWZ100 / 8GR-FXS](2019年6月~)、NX300[AGZ1# / 8AR-FTS](2019年5月~)、NX300h[AYZ / 2AR-FXE](2019年5月~)、RX300[AGL2# / 8AR-FTS](2019年8月~)、RX450h[GYL / 2GR-FXS](2019年8月~)
【トヨタ】
アクア[NHP / 1NZ-FXE](2019年7月~)、カムリ HV[AXVH70 / A25A-FXS](2019年8月~)、コースター[XZB / N04C](2019年8月~)、カローラ[NRE210 / 8NR-FTS](2019年8月~)、カローラ[ZRE/ 2ZR-FAE](2019年8月~)、カローラ HV[ZWE21# / 2ZR-FXE](2019年9月~)、カローラ SPORT[NRE21# / 8NR-FTS](2019年9月~)、カローラ SPORT HV[ZWE211 / 2ZR-FXE](2019年9月~)、カローラ TOURING[NRE210 / 8NR-FTS](2019年9月~)、カローラ TOURING[ZRE / 2ZR-FAE](2019年9月~)、カローラ TOURING HV[ZWE21# / 2ZR-FXE](2019年9月~)、ハイラックス[GUN125 / 2GD-FTV](2019年5月~)、ジャパン TAXI[NTP10 / 1NZ-FXP](2020年1月~)、ランドクルーザープラド[GDJ / 1GD-FTV](2019年8月~)、ランドクルーザープラド[TRJ / 2TR-FE](2019年8月~)、ピクシス トラックバン[S3#1 / KF-DET](2018年12月~)、ピクシス トラックバン[S3#1 / KF-VE](2018年12月~)、ポルテ/スペイド[NCP / 1NZ-FE](2019年7月~)、ポルテ/スペイド[NSP / 2NR-FKE](2019年7月~)、プリウス PHV[ZVW52 / 2ZR-FXE](2019年5月~)、トヨエース/ダイナ200[XKC, XKU / N04C](2019年5月~)、トヨエース/ダイナ200[XZC, XZU / N04C-V#](2019年5月~)、トヨエース/ダイナ200[XZC, XZU / N04C-WD](2019年5月~)
2)作業サポートの追加
・レクサスGS用の「ステアリング0点補正(EMPS-04)」を追加
3)不具合修正
・前方認識カメラの「履歴クリア」を修正
・ピクシストラック/バン(S3#1)及びピクシスメガの「ステレオ光軸調整」の不具合を修正
・レクサスHS250hでレーダークルーズの「光軸調整」が実行出来ない不具合を修正
■日産アップデート(ver 6.47)
1)作業サポートの追加
・セレナ[C26]/ エルグランド[E52]にトランスミッションの作業サポート「キャリブレーションデータ」を追加
2)作業サポートのシステムに「テレマティックス」と「EVバッテリ」を新規追加
【テレマティックス】車台番号データ保存、TCUアクティベート設定、車台番号書き込み(保存データから) 、車台番号書き込み(マニュアル) 、C/U識別情報
【EVバッテリ】バッテリ情報保存、バッテリ情報書き込み
3)不具合修正
・セレナ(C26)にてトランスミッションの作業サポート項目の一部が表示されない不具合を修正
・作業サポートのプログレスバーの最大値が100%以上となる不具合を修正
・スカイライン(V37)のシステム「EMCM」故障コード読取コマンドの間違いを修正
・システム「HVAC」を全自己診断で故障コード読取を行わないように修正
・カメラエーミング完了後に完了確認ボタンを押下すると、エラー画面になってしまうバグを修正
・作業サポートの画面上で文字化けして見えるバグを修正
・カウントダウン表示をフッターから画面内に変更
・日本語の誤表記を修正
■スバルアップデート(ver 5.32)
1)作業サポートの追加
【ABS/VDC】ABS機能チェックモード、VDC機能チェックモード、ブレーキランプ点灯駆動、舵角センサ中立&Gセンサ0点設定モード、前後Gセンサ0点設定モード
【A/C】可変コンプレッサ慣らし運
2)不具合修正
・アイサイトVer.2のキャンセルコードの読取で、合計の数が少ないバグを修正
■マツダアップデート(ver 5.89)
1)以下の車両で2018年度車をサポート
CX-8、CX-5、CX-3、アテンザ、デミオ、ロードスター
■ダイハツアップデート(ver 5.15)
1)不具合修正
・作業サポート[New]から"CVT ECU初期学習"等の旧実装から引き継いだ作業サポートが正常に実行できない不具合を修正
・CVT-ECU初期学習のテキスト表示の不具合を修正
■三菱ふそうアップデート(ver 4.43)
1)不具合修正
・4P10エンジンのコントロールユニットと通信が出来ない不具合を修正
2019.4.19 ■トヨタ/レクサスアップデート(ver 7.42)
1)診断車両の追加
レクサス RC F(2019年3月~)、ノア/ノアHV(2019年1月~)、VOXY/ VOXY HV(2019年1月~)、エスクァイア/エスクアイアHV(2019年1月~)、プロボックス(2018年12月~)、サクシード(2018年12月~)
2)ステレオカメラ光軸調整(スマートアシストⅢ)対応車種の追加
ピクシス・メガ[LA7#0系](2018年1月~)、ピクシス・トラック/バン[S5#0系](2018年6月~)、パッソ[M7#0系](2018年10月~)、ルーミー/タンク[M9#0系](2018年11月~)
3)ダイハツ工業からのOEM車の作業サポートの追加
・フロントソナー/ソナーエリア検査
・モニタカメラ/モニタカメラ光軸調整
4)作業サポートの追加
・「前方認識カメラ」の作業サポートに「車両制御履歴(RoB)/RoBクリア」を追加
5)不具合修正
・「レコグニッションカメラ/ターゲット位置記憶」のマイナス値の初期表示桁数を修正
・カメラ/ターゲット位置記憶(DLK-03)のサポートビットチェック処理を修正
・ダイナのカメラ調整の不具合を修正
■ダイハツアップデート(ver 5.12)
1)診断対応車種の追加
ハイゼット カーゴ/アトレー[エンジン型式 KF(N/A,T/C)](2018年12月~)
2)ステレオカメラ光軸調整の対応車種追加
ムーブ(2017年7月~)、ムーヴ キャンバス(2017年9月~)、キャスト(2017年9月~)、ハイゼット カーゴ/アトレー(2017年11月~2018年12月、2018年12月~)、ウェイク(2017年12月~)、タント(2017年12月~)、ハイゼット キャディー(2017年12月~)、ハイゼット トラック S500系(2018年5月~)、ミラ トコット(2018年6月~)、ブーン(2018年10月~)、トール(2018年11月~)
3)作業サポートの追加
・フロントソナー/ソナーエリア検査
・モニタカメラ/モニタカメラ光軸調整
■日産アップデート(ver 6.39)
1)診断対応車種の追加
【新規追加車種】NV150 AD[VY12](2016年11月~)、セレナe-POWER[HC27](2017年12月~)
【既存対応車種の対応型式の追加】パラメディック[E26](2018年6月~)、リーフ[ZE1](2017年7月~ 2018年1月~)
【既存対応車種の対応年式の追加】AD/ADエキスパート[VY12](2016年1月~)、e-NV200[ME0](2018年2月~)、NV200バネット[M20/VM20](2015年12月~ 2016年12月~)、アトラス[F24](2017年12月~)、エルグランド[E52](2018年11月~)、キューブ[Z12](2015年12月~ 2018年3月~)、シーマ[HGY51](2017年5月~)、ジューク[F15](2018年1月~)、スカイライン[V37](2016年3月~ 2018年5月~)、スカイライン・ハイブリッド[HV37](2016年3月~ 2018年3月~)、セレナ[C27](2018年7月~)、ノート[E12](2016年8月~ 2018年5月~)、ノートe-POWER[HE12](2017年8月~ 2018年5月~)、フェアレディZ[Z34](2016年7月~ 2018年3月~)、フーガ[Y51](2017年10月~)、フーガ・ハイブリッド[HY51](2017年10月~)、マーチ[K13](2017年2月~)、リーフ[ZE0](2015年11月~)
2)作業サポートの追加
リーフ[ZE1]:
【AVM】カメラキャリブレーション、タイヤ径補正
【EV/HEC】CPU交換時データ保存、CPU交換時データ書込み、バッテリー容量低下データクリア
【車間自動制御 ADAS-2】自動キャンセル要因4、FEB作動時走行距離
ノートe-POWER:
車体番号読取
セレナe-POWER:
【エンジン】吸入空気量学習、スロットル全閉位置学習、空燃比学習、燃圧除去、点火時期補正、バルブタイミングばらつき値書き込み、バルブタイミングばらつき値クリア
【IPDM E/R】ハイトセンサ初期化
【シフト】P位置学習値クリア
【AVM】アラウンドビューモニタ表示設定
【ICC/ADAS】自動キャンセル要因4
【VSP】VSP音量レベル変更
車体番号読取
3)不具合修正・仕様変更
・セレナ(C26)のエンジンの作業サポートの内、「サブスタータ&作動カウンタクリア」でエラー画面になる不具合を修正
・日産ノート(E12)にてAVMの「カメラキャリブレーション」が失敗してしまう不具合を修正
・エクストレイル (T31)のオートレベリングの作業サポートの内、「ハイトセンサ初期化」でエラー画面になるバグを修正
・カメラキャリブレーションの古いタイプのID名を変更
■マツダアップデート(ver 5.86)
1)作業サポートの追加
・オートレベリングセンサ初期化
・AFS/ALMアクチュエータテスト
■三菱アップデート(ver 6.00)
1)診断車両の追加
・2018年モデルのデリカD5、i-MiEV、エクリプスクロスを追加
2)機能の追加
・ヘッドアップディスプレイの診断機能に故障コード読取消去とデータモニタを追加
3)作業サポートの追加
【エンジン】初期化、走行距離リセット(インジェクタ洗浄)
【4WS/EPS】テスト、トルクセンサ中立位置学習、トルクセンサ中立位置初期化
【ヘッドアップディスプレイ】動作確認、コンバイナ開、コンバイナ閉、コンバイナ動作リセット、LCDテスト、テスト
■BMWアップデート(ver 4.76)
1)診断車両の追加
・Xシリーズ(X2_F39)を追加
・自動検出時の5シリーズ(E39)、Xシリーズ(X5_E53)のデータ追加
2)不具合修正
・Z4_E85/E86の SIM(エアバッグ)の故障コード消去で、エラー画面になるバグを修正
・Xシリーズ(X3_E83 2007年以降)のエンジンまたはトランスミッションと通信できないバグを修正
・E87、E90などの車両で、ABS、SIM/MRS(エアバッグ)が検出しないバグを修正
・BMW 3シリーズ(E46)の自動検出を行うときに、ソフトのフリーズ、再起動、システムリストが表示されないバグを修正
・バルブトロニック1と2のECUがあるときに片方検出しないバグを修正
・FモデルのバッテリがEFBバッテリーのときに、バッテリの種類が表示されないバグを修正
・Eモデルのデータレベルの読み方の問題で、自動検出ができないバグを修正
・3シリーズ(E46)のコーディングデータ(オプションコード)の読み方の問題でEモデルの自動検出ができないまたは、検出時の画面の生産年月日が表示されないバグを修正
■アウディアップデート(ver 4.64)
1)診断システムの追加
・バッテリーマネージメント2、ボルテージコンバーター、ランニングギヤコントロールを追加
2)作業サポートの追加
・Audi A8(4N)の"EPB 解除"と"バッテリーアダプテーション"の作業サポートを追加
・マトリクスヘッドライトが装備されている車両のヘッドライト基本調整を追加
3)不具合修正
・一部の車種で車体番号が表示されないバグを修正
・Q5(FY)の「バッテリアダプテーション」の作業サポートが表示されないバグを修正
■グローバルOBDⅡアップデート(ver 4.44)
1)車両情報表示の項目追加
・スパーク点火時の性能追跡データ
・圧縮点火時の性能追跡データ
2018.10.25 ■スズキアップデート(ver 4.36)
下記の作業サポートを実装しました。
1)CVT
・CVT学習値設定
・スロープセンサ校正
・電動オイルポンプエア抜き
2)AT
・クラッチ/トランスアクスル初期化
・クラッチクランプ位置制御
・クラッチ調整制御
・クラッチ初期化
・トランスアクスル初期化
・ニュートラル位置設定
3)AGS
・AGS学習値一括設定
・クラッチ学習値設定
・シフトタワー学習値設定
・油圧ラインオイル排出
・2速固定解除
・AGS学習値表示
■日産アップデート(ver 6.26)
1)キャラバン E26対応年式を追加
・ NV350 キャラバン E26 「05/2017」
2)作業サポート項目新規追加
・ LASER/RADAR・ミリ波レーダ光軸調整
・ LASER/RADAR・FEB作動時走行距離